アルボースQ&A - 公益財団法人 脳血管研究所 介護老人保健施設 アルボース - 公益財団法人 脳血管研究所 介護老人保健施設 アルボース

“樹木・船の帆柱・舵”という意味を持つアルボースは、“未曾有の長寿社会”を明るく住みやすいものに創りあげていく責務の一端を担っています。

0270-21-2700
〒372-0006 群馬県伊勢崎市太田町427-3

アルボースQ&A

Q. 介護老人保健施設ってどんなところですか?
ご利用者の尊厳を守り、安全に配慮しながら、生活機能の維持・向上を目指し、必要に応じて医療やリハビリ、看護・介護サービスを提供し、援助します。
また、ご家族や関係機関と協力し、 安心してご自宅での生活が続けられるよう支援する施設です。
Q. どんな人が利用できますか?
65歳以上の方、または40歳以上65歳未満で特定疾病の方が、介護保険の申請を行い、要介護1~5の介護認定を受けている方またはその見込みのある方。
※症状不安定・集中的に治療が必要な状態の方は、お断りさせていただくこともあります。
Q. どんなサービスがありますか?
入所
1~3ヵ月を目安とし、日常生活動作に必要なリハビリを行い、必要に応じて介護指導や家屋環境のアドバイス等を行い、在宅復帰・在宅生活を支援します。
短期入所療養介護(ショートステイ)
ご家族が、旅行や冠婚葬祭などにより、ご利用者の介護ができない時、また介護疲れがあり少し休みたい時など、在宅介護を支援する短期間の入所です。
通所リハビリテーション(デイケア)
在宅生活されている方に日帰りでリハビリ、昼食、入浴、レクリエーションなどを提供し、 機能維持や閉じこもり防止を図ります。
Q. どのくらいお金がかかりますか?
要介護度やご利用者の状態、お部屋など利用の条件により異なりますが
入所(要介護度3、2階一般棟多床室を30日間)を利用した場合
負担割合1割 12万円前後、負担割合2割 16万円前後。
短期入所(要介護度3、2階一般棟多床室を8日間)を利用した場合
負担割合1割 3万円前後 、負担割合2割 4万円前後。
通所リハビリ(要介護度3、6~8時間、8/月)を利用した場合
(負担割合1割 2万円前後、負担割合2割 3万円前後。
Q. どんな医療処置に対応できますか?
経管栄養(経鼻・胃瘻)○
酸素 ○
褥瘡の処置 △
気管切開 △
バルーン ○
麻薬による疼痛管理 ○
人工呼吸器 △
インシュリン注射 ○
人工透析 △
人工肛門 ○
喀痰吸引 ○
中心静脈栄養 ×

(受入可能:○ / 要相談:△ / 受入不可:×)
上記は、目安です。その他の状況により対応の可否が変わる可能性がありますので、ご相談ください。
Q. 利用中に病院へ受診することはできますか?
介護老人保健施設では、入所中(短期入所を含む)、施設の医師が主治医となり、日常的な医療については施設で対応することになります。施設で対応することのできない専門的な医療が必要となる場合には施設の医師の判断により、受診する場合があります。
また、通所リハビリの利用時間内に、医療機関に受診したり、投薬を受けることはできません
Q. アルボースってどんな意味ですか?
アルボースはラテン語で、“樹木・船の帆柱・舵”という意味があります。大空にそびえ立つ樹。
大地に根を張った大樹は拠り所であり、緑陰は憩いの場となり、若葉は活力の象徴です。その言葉のイメージのように、私達は“未曾有の長寿社会”を明るく住みやすいものに創りあげていく責務の一端を担っています。
ちなみに、グラーチア(訪問看護ステーション)は「感謝」、パテーラ(ヘルパーステーション)は「受け皿」、パトリア(社会福祉法人)は「ふるさと」、アミーキ(特別養護老人ホーム)は「友だち」の意味があります。