附属施設として、美原記念病院、介護老人保健施設アルボース、訪問看護ステーション グラーチアを有し、脳血管障害の成因、治療、予防に対する研究に取り組んでおります。

0270-24-3355
〒372-0048 群馬県伊勢崎市大手町1-1

2015年度 論文

2015年度 論文一覧

  • 2015年度【論文(総説・その他) DPC病院の収益確保の鍵は効率性係数と複雑性係数の改善】 2016.3.20

     美原 盤
     Visionと戦略 13(146)11 2016

  • 2015年度【論文(総説・その他) 脳血管障害と音楽療法】 2016.3.20

     美原 盤
     成人病と生活習慣病 46(2)211~217

  • 2015年度【論文(報告書) 平成27年度老人保健事業推進費等補助金(老人保健健康増進等事業)】 2016.3.1

     身体拘束ゼロの実施に伴う課題に関する調査研究事業
     木下 毅、土屋 繁之、猿原 孝行、清水 紘、本庄 弘次、仲井 培雄、松谷 之義、 西村 勇人、
     栃本 一三郎、猪口 雄二、安藤 高朗、美原 盤

  • 2015年度【論文(総説・その他) 平成27年度老人保健事業推進費等補助金(老人保健健康増進等事業)】 2016.3.1

     認知症の行動・心理症状(BPSD)等に対し、認知症の人の意思決定能力や責任能力を踏まえた
     対応のあり方に関する調査研究事業
     秋下 雅弘、荒井 由美子、五十嵐 禎人、池田 学、鎌田 松代、熊谷 賴佳、
     鴻江 圭子、齋藤 訓子、鈴木 邦彦、助川 未枝保、高橋 裕子、田口 真源、
     田中 稔久、東 憲太郎、本田 麻由美、三浦 久幸、美原 盤、山本 朋史

  • 2015年度【論文(著書) 検査の方法】 2016.2.15

     美原 盤
     看護学生のための神経内科学 200~210 2015

  • 2015年度【論文(原著論文) Changes in intracortical inhibition and clinical symptoms after STN-DBS in Parkinson’s disease】 2016.2.10

     Masahito Kobayashi、Takayuki Ohira、Ban Mihara、Takamitsu Fujimaki 
     Clinical Neurophysiology 127 2031~2037 2016

  • 2015年度【論文(総説・その他) 座談会 診療データの統括・連係・活用術】 2016.2.10

     内田 智久
     月刊保険診療 71(2)89~96

  • 2015年度【論文(原著論文) 回復期リハビリテーション病棟退院直後における訪問リハビリテーションの有用性】 2016.2.1

     ~ADL とリハビリテーションに関わる医療費に着目して~
     石森 卓矢、水井 悟子、鶴井 慎也、風晴 俊之、美原 盤
     日本慢性期医療協会誌JMC 23(6)60~65 2016

  • 2015年度【論文(総説・その他) オールジャパンのビッグデータが日本の医療を変える】 2016.2.1

     DPCおよび病床機能報告制度のデータを活かして
     内田 智久、美原 盤
      日本慢性期医療協会誌 23(6)10~17

  • 2015年度【論文(総説・その他) 2016年に向けたわが施設の重点施策】 2016.1.10

     美原 恵里
     介護人材Q&A (135)

  • 2015年度【論文(総説・その他) データ分析に基づく院内・院外との交渉】 2016.1.1

     内田 智久
     月刊医療経営士1月号 18~19 2016

  • 2015年度【論文(著書) 多発性硬化症】 2015.12.30

     菊地 豊、小林 庸子、田中 勇次郎、望月 久
     神経難病領域のリハビリテーション実践アプローチ 260~284 2015

  • 2015年度【論文 血栓化脳動脈瘤に対する瘤内塞栓術】 2015.12.12

     赤路 和則、望月 洋一、志藤 里香、木村 浩晃、神澤 孝夫、片野 雄大、谷崎 義生、美原 盤
     平成27年度秋季群馬県医学会 プログラム・抄録集 33 2015

  • 2015年度【論文(著書) 意識障害者に必要な観察】 2015.12.1

     神経疾患を疑うときの知識と観察技術
     谷崎 義生、竹川 美宏、中村 光伸、小橋 大輔、安心院 康彦
     PCEC ガイドブック2016 97~105 2015

  • 2015年度【論文(総説・その他) 看護が稼ぐ! 我々は「看護のプロ」として「稼ぐ」】 2015.12.1

     ケアの質・病棟運営の評価をチームで連携して向上させる
     髙橋 陽子
     ナーシングビジネス 912 58 2015