附属施設として、美原記念病院、介護老人保健施設アルボース、訪問看護ステーション グラーチアを有し、脳血管障害の成因、治療、予防に対する研究に取り組んでおります。

0270-24-3355
〒372-0048 群馬県伊勢崎市大手町1-1

働き方改革の推進について

わたくしたち・美原記念病院はスタッフの働き方改革を推進しています。
美原記念病院では、日々、医療や看護など高い専門性の維持・向上に努めております。
そのためには、医師をはじめスタッフ全員が性別、年齢や職種に係わらず常に働きやすい環境にあることが必須であると考えています。
このページでは、常勤医師を中心に医師をサポートする看護部などの日常を通したインタビュー記事をご紹介致します。

コメディカルとの信頼関係のうえに

脳神経外科インタビュー

脳神経外科
副院長 脳神経外科部長 赤路 和則先生
日本脳神経外科学会専門医・指導医
日本脳卒中学会専門医・指導医
日本脳神経血管内治療学会専門医・指導医
日本脳卒中の外科学会技術指導医
日本頭痛学会専門医・指導医
日本認知症学会専門医・指導医
認定インフェクションコントロールドクター

赤路和則

□現在の勤務スケジュールについて
【月】 午前   救急当番
    午後   血管撮影/病棟
【火】 朝8-9時 手術、急性期病棟のカンファ
    午後   外来
【水】 終日   予定手術日
【木】 午前   外来
    午後   外来
【土】 病棟/学会参加も多い

※オンコール 月の1/3程度(うち月2~3回出動)
※18時前に帰宅する日も多いです

□先生が感じている美原記念病院の魅力について
メディカルスタッフが、医師に対してとても協力的であると感じます。非常勤医師もそのように言ってくださることが多いです。また、専門病院ならではですが、専門的なことをよく理解しているスタッフが多いのが自慢です。検査技師、画像やエコー(超音波)の技術は高いと思います。
あと、機械はとても良いものが入っています。最新のMRIや脳血管撮影装置があります。取りたい画像がすぐ取れるという環境であることも気に入っています。

□先生が欲しいと感じる医師像について教えてください
脳神経外科脳血管内治療を担当していただける脳神経内科医師は歓迎します。脳神経外科は特にまだ人手が足りていないので、お越しいただきたいですね。脳神経内科医師は昨年2名増員したおかげで、受け持ち患者の分担ができたのでとても助かっています。
経験の浅い先生も大歓迎です。
当院では比較的簡単な手術も多いためそれをご担当していただけるととてもありがたいです。脳神経外科専門医をとったばかりの先生やこれからサブスペシャリティを探す先生も来てくだされば嬉しいですね。
症例も多いので2年で十分に脳神経血管内治療学会専門医が取れる環境です。ぜひお気軽に病院見学へお越しください。

採用情報はこちらから

希望の勤務条件を実現しました

常勤医師インタビュー

脳神経内科部長 古井 啓先生
日本神経内科学会神経内科専門医 日本内科学会内科認定医
麻酔科標榜医 日本消化器内視鏡学会内視鏡専門医
身体者福祉法第15条指定医(平衡・言語・咀嚼)

古井 啓

□先生が入職を決められたポイントはどんなところでしたでしょうか
私は今回の転職において、週4日の勤務と研究日の都合をつけられるという点が一つ目のポイントでした。
また、一般内科ではなく神経内科に特化できるというところが決め手になったと思います。

□現在の業務内容はいかがでしょうか
現在は週2コマの脳神経内科外来病棟を担当しています。
特に必要のない方も多いかと思いますが、ドクターズクラーク(医師事務補助者)がいるため、慣れないメーカーの電子カルテの使用に関しても安心だと思います。
担当病棟は急性期病棟、障害者施設等一般病棟(主に神経難病)や回復期リハビリテーション病棟など全ての病棟を担当しています。現在は主治医として、上述の病棟で常時15床前後を担当しています。

□現在の業務はご自身にとってハードではないでしょうか
他科の先生方にコンサルに入っていただいているので、全く問題ない範囲です。 先生方、看護師のみなさんにはとても親切にして頂いています。
現在、週4日の勤務で入職しましたが研究日もしっかりとれ、また他の医師のサポートもあり、お互い様という素晴らしい関係性が 出来上がっているように感じます。

採用情報はこちらから

希望業務と負担軽減との両立を実現

常勤医師インタビュー

認知症疾患医療センター長 金井光康先生

金井 光康

□先生が美原記念病院へご入職された経緯を教えてください
私は2019年6月にこちらの病院へ入職しました。働き方改革が叫ばれている昨今ですが、私自身も年齢を重ね、以前の職場での当直や特にオンコールの負担が大きいと感じていました。
ただ、脳神経内科を継続したい、変性疾患の診断~変遷も含めて続けたい気持ちがあったので当院に入職することを決めました。今は当直はもちろんオンコールの負担はありません。常勤の医師は全員当直がない環境なので、周りに気を遣うことがないのは良いですね。

□現在の業務について教えてください
外来  週3コマ(初診、再診、認知症疾患医療センター)
病棟  18~20床
     障害者病棟(神経難病)が主務
     急性期も一部担当
もともと脳神経内科に専念できる環境を希望していたのもありますが、希望していた変性疾患だけでなく、急性期も担当できるのはメリハリがあると思います。
今は残業時間も少なくなりました。転職前からはかなり改善がみられたのでその点も良かったですね。

□今の美原記念病院にどのような科の医師が必要ですか?
リハビリテーション科の常勤医が増えてくれると助かります。脳神経内科の先生ももちろんきてほしい。患者については群馬県内からもっと集められると思っているのでまだまだきてほしいですね。
今は、循環器内科の医師もいて下さるのでとても助かっています。さらに総合診療科の先生へ全身管理をお任せできると理想ですね。血糖管理や消化器、感染症など併診しくれるとありがたいです。

□先生が感じている美原記念病院の魅力について
コメディカルがしっかりしているのでとても信頼できますね。専門知識に長けており、脳梗塞の急性期で診ている患者の症状悪化に気づくことができるのです。
例えば、患者の麻痺状態で「0⇒有」に気づくスタッフは多いのですが、「3⇒2」の細やかな変化、進行に気づくことができるのは当院のスタッフならではだと感じています。

採用情報はこちらから

脳疾患の専門病院での循環器内科医として

常勤医師インタビュー

循環器科部長 江熊 広海先生
認定インフェクションコントロールドクター

江熊 広海

□当院にきたきっかけ
美原記念病院へ来る前までは伊勢崎市民病院で循環器部長をしていました。急性期の中核病院だったので、土日夜間のオンコールなど多忙な日々でした。転職にあたり様々な要素を比較検討しましたが、定年までの10年間、時間的余裕をもちながら働けると感じたことが、こちらに決めた要因の一つでもあります。

□現在の勤務スケジュールについて
外来を週2コマ、訪問診療を週1コマ、病棟管理を担当しています。 勤務時間は8:30~17:30ですが、朝は8:00~8:30分の間に到着、遅くとも18時前後までには帰っています。脳外の医師は遅くまで残っていることは多いですが、先に帰ることに関して遠慮することはない関係です。

□脳の専門病院の中で内科医師として他科との連携について
私の専門は循環器で、6階の地域包括ケア病床と回復期リハビリ病棟を主に担当しています。患者は(頭系の)リハ目的で来られるので、合併症(糖尿病、高血圧、高脂血症など)、心不全や肺炎などを診ています。急性期の患者には脳外の医師が主治医として担当していますが、内科の疾患、誤嚥性肺炎などについては、一緒に担当しています。また、不整脈について脳外医師と協力して行っています。全般的に連携はしっかりとれている体制です。

□おすすめポイント
私自身は急性期からこちらにお世話になったのですが、回復期リハビリ病棟を担当すると仕事に対するモチベーションが上がらないのではないかというイメージがあるかもしれません。ここでは相当自分の知識をフル回転させることができ、知的好奇心を満たすことができると感じています。当院の先生方はいい医師が多い。現在は常勤医師12人の人員構成だが、人間関係が良く、恵まれた環境だと思います。またスタッフがよく勉強しており、レベルも高いです。私がいた前職よりも研究発表が多いです。

□求める医師像
内科の医師であればウェルカムですが、特に。消化器の先生に来ていただけると有難いです。地域連携は取れていますが、肝胆膵などすぐオペが必要かどうかを判断できる人が欲しいですね。

採用情報はこちらから

医師サポートの観点からの看護部

常勤看護師インタビュー

看護部長 髙橋 陽子

髙橋 陽子

□看護部としてどのような医師に来ていただきたいと感じていますか
患者様のことを「良くしよう」と考えて下さる、医療者として倫理感の高い医師とご一緒させて頂きたいと感じています。
私たち看護部は常勤150名が在籍しておりますが、全員が質の高い看護を目指し日々業務にあたっております。
患者様のことで一緒にディスカッションできる先生へお越しいただけるとスタッフにとっても大変勉強になると感じています。

□看護部長として心がけていること
看護の理念として「自分の家族を入院させたいか」という点について各自がしっかりと考え行動に移しています。身体拘束ゼロ、クレームがほぼない、インフォームドコンセントには必ず看護師が同席しているなど、院内の看護師のコミュニケーションスキルは大変高いと自負しております。
私たちは「質の高い看護」を目指しておりますが、そのためにも管理者として職場環境を整えることにも十分気を配っています。自分が満たされていなければ、質の高い看護はできないと思っているからです。職場環境の他に、知識・技術の研修についても積極的に推進しています。

□当院の魅力・働きやすさについて
認定看護師 9名、専門看護師 2名、特定行為研修終了看護師 8名
(別途摂食嚥下看護教育課程修了者1名、令和元年12月27日現在 )
おり皆、子育て、プライベートとの両立をしながら働いています。 産休→育休明けの復帰率が100%という病院はなかなかないと思います。常勤としてこどもが小学一年生までは夜勤免除することが可能です。
また、インシデントに関しても個人の問題ではなく、全員でボトムアップできるチャンスととらえ、システムエラーとして対策を考えます。 患者様にとって最善の結果を出すためには、多職種連携が非常に重要と考えています。どんな医師と働くかで看護師は変わってきます。新しい先生のご入職をお待ちしております。

看護部のページはこちらから

看護師の採用情報はこちらから

当院の魅力をご紹介します

常勤看護師インタビュー

看護師 南雲 智美

南雲 智美

□入職の経緯について教えてください
学生時代に受けた看護部長の講義に感銘を受け、この人の下で働きたいと思ったことが、入職の決め手でした。その後一度はほかの職場でも働いてみたいと思い、一旦はこの職場を離れましたが、当院の職場環境の良さや質の高い看護提供の素晴らしさを思い知らされ、復職して現在に至っています。

□現在の業務について教えてください
脳神経疾患を中心とした急性期病棟で勤務しています。主に救急搬送で入院された方や手術のために入院されている患者様へ看護提供しています。

□病院の魅力について教えてください
私が一番感じていることは、職員間の人間関係が良いことです。誰とでも気軽に話し合える素晴らしい環境だと思います。また、教育環境も充実しており、積極的な院内外での研修やオンデマンド研修など、スキルアップの向上に繋がっています。福利厚生面も充実しており、大変満足しています。

□どのような医師と働きたいでしょうか
私が看護師として普段考えていることは、常に患者様やご家族の立場になって看護を提供しようということです。なので、患者様やご家族の立場になって親身に接してくださる先生に魅力を感じます。また、私たちがなんでも相談できたり、一緒にディスカッションができれば大変有難いと思います。

看護部のページはこちらから

看護師の採用情報はこちらから

専門性を活かしたバックアップ

画像診断課インタビュー

画像診断課長 安居 剛

安居 剛

□画像診断課について教えてください
常勤職員が9人おり、そのうち7人が当直のローテーションをしています。 日勤帯には7人が出勤いる状態、夜間も必ず当直がいるので、AugioやMRIなどすべての機器を動かせる状態を保っています。緊急の血栓回収、コイル塞栓術の場合は、当直者以外の人員を呼んで対応しています。手術に必要な3D画像はほぼ全ての症例を画像診断課で作成しています。
当院には放射線科の常勤医はいないので、読影は遠隔診断です。 月1回神経放射線診断、核医学専門の放射線科医にお越しいただいているので、認知症の診断などはその際に読影をお願いしています。

□スタッフ間や多職種連携はいかがですか
医師との連携は良好だと思います。医師との距離が近いのが特徴で、研究室(医局)ですぐ時間をもらえます。 画像診断課と医師で画像カンファレンスを週1回行っているので、医師からのリクエストももらったり、外から学んできた撮影方法の提示を行ったりしています。

□ご自身が感じるチームの強みについて教えてください
当院にはハイスペックな機械が多いので、より質の高い撮影できているというモチベーションがありますね。 私たちは色々な勉強会に参加しているのですが、「機器がないのでできない」ことは比較的少ないです。スタッフも勉強会の出張に積極的に参加できる環境が整っています。私自身、脳疾患の分野は奥が深いという点で今の環境を気に入っています。ここにいれば多くを学べるというのも魅力のひとつですね。

□最後にどのような先生にお越しいただきたいでしょうか
検査の目的を明確にしてくださる先生がいいですね。目的に沿ったよりよい画像が撮れますから。 私たちももっと研鑽していきたいと思っているので、撮影した画像に対してのリアクションもいただけると嬉しいです。