公益財団法人脳血管研究所は、美原記念病院の脳卒中を主とした神経疾患の専門病院を通じ、患者の皆様の診断、治療で社会貢献します。

0270-24-3355
〒372-0006 群馬県伊勢崎市太田町366
  • 外来受付時間 月~土 AM8:30~AM11:30
  • 休診日 日・祝日、夏季1日・年末年始

診療科紹介

神経内科

神経内科は脳、脊髄、神経、筋肉の病気をみる内科です。体を動かしたり、感覚したりすることや、考えたり覚えたりすることが上手にできなくなったときにこれらの部位の病気を疑います。
症状としてはしびれやめまい、うまく力がはいらない、歩きにくい、ふらつく、つっぱる、けいれん、むせる、しゃべりにくい、ものが二重にみえる、頭痛、体が勝手に動く、ものわすれ、意識障害などがあります。
まず、全身をみることができる神経内科でどこの病気であるかを見極めることが大切です。その上で必要に応じて脳神経外科、循環器科、整形外科、精神神経科、眼科、耳鼻科などへ診察をお願いする場合があります。
よく神経内科はどんな科かわかりにくいといわれます。科の名称がまぎらわしいためと思いますが、特に間違えられやすいのが精神科、神経科、精神神経科、心療内科です。これらの科は、おもに気分の変化(うつ病など)、精神的な問題を扱う科です。
神経内科はこれらの科と異なり、「こころ」の問題からではなく、「からだ」としての脳、脊髄、神経、筋肉に起きる病気を扱います。
ただし、病気の中には認知症やてんかんなど神経内科と精神科でどちらでもみる病気もあります。

対象疾患

頭痛

頭痛は大きくわけて、脳卒中、脳腫瘍、髄膜炎、脳炎など脳の病気の症状として出てくる頭痛と、他に病気が隠れているのではなく、頭痛を繰り返す(持続する)ことが問題である慢性頭痛に大別されます。
慢性頭痛には、緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛などがあります。脳卒中など他に脳の病気が見つかればそちらの治療が通常優先されます。慢性頭痛と判断されれば頭痛のタイプを見分けて有効な薬を選択していきます。頭痛のタイプによっては、薬以外の方法が有効な場合もあります。

脳卒中

脳の血管がつまったり(脳梗塞)、破れたり(脳出血、くも膜下出血)して、脳の機能がおかされる病気のことをいいます。具体的には急に手足が動かなくなってしまったり、感覚が麻痺してしまったりします。
また、言葉がうまく話せなくなることや、意識がなくなることもあります。高齢の方、高血圧や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)の方は動脈硬化が進みやすく、脳卒中を起こしやすいので注意が必要です。
症状が出てから早い時期に治療を開始すると後遺症を少なくできる場合がありますので、このような状態になったときにはできるだけ早く医療機関を受診することをおすすめします。当院では、神経内科、脳神経外科、脳卒中部門が協力して脳卒中の診療にあたります。

認知症

ものわすれが多くなったときに疑ってください。高齢でなくとも起こることがあります。認知症のタイプによってはいわゆる‘まだら認知症’という状態もあり、しっかりしているときもあれば、おかしなときもあるという認知症もあります。
ただ、年をとれば皆さん若いころに比べものわすれは多くなりますので、年齢を考えても少しものわすれが多いようなときに疑ってください。また、認知症の種類によっては進行を遅くする治療薬があるものもありますので、受診して原因を調べることが重要です。

てんかん

手足をつっぱり、意識をなくし、口から泡をふくというけいれん発作が有名ですが、短時間ぼーっとしたり、意識がありながら手足が勝手に動くような発作もあります。脳波などの検査で診断できることがあり、治療薬があります。また、脳腫瘍や脳出血など、なにか脳に原因があって起こってくるてんかんもありますので、原因を調べることも必要です。

パーキンソン病

中年以降の方に多く、なにもしていないのに手がふるえたり、歩くときに前屈みになって、歩幅が狭く、腕の振りがなくなり、顔の表情もかたくなるような病気です。効果のある薬がたくさんありますが、使いわけに専門的な知識がいりますので、神経内科を受診してください。

神経難病

神経難病とは、脳や神経の病気の中で、はっきりした原因や治療法がないものをいいます。具体的には筋萎縮性側索硬化症(ALS)、パーキンソン病、脊髄小脳変性症(多系統萎縮症、脊髄小脳萎縮症など)、進行性核上性麻痺、多発性硬化症、重症筋無力症などがあります。
そのほかに筋ジストロフィーなど筋肉の病気も含めて対応しています。原因がわからないといっても途中まではわかっている病気や、根本的に治すことは難しいけれども、日常生活が可能になるような治療法がある病気もあります。根本的な治療法がなくても医療、福祉がかかわることで少しでも生活しやすくすることができる場合があります。
また、この分野は徐々に新しい治療法が開発されていますので、神経内科を受診してください。また、当院では家で生活を送っている神経難病の患者さんに対してレスパイト・ケア目的の入院をお受けしています。
レスパイト・ケア入院では、患者さんのからだの機能の評価、リハビリテーション、利用している医療、福祉サービスの見直しなどを必要に応じて行います。

医師紹介

院長 美原 盤

院長 美原 盤(ミハラ バン)

学歴
1986年 慶應義塾大学大学院医学研究科修了

所属学会
日本神経学会評議員(日本神経学会指導医)
日本脳卒中学会評議員(脳卒中学会専門医)
日本神経治療学会評議員
日本脳循環代謝学会評議員
日本臨床医療福祉協議会評議員

専門医・認定医
日本頭痛学会指導医
日本内科学会認定内科医

神経内科副部長 木村 浩晃

神経内科副部長 木村 浩晃(キムラ ヒロアキ)

学歴
2001年 慶應義塾大学医学部卒業

所属学会
日本内科学会、日本神経学会、日本脳卒中学会、日本脳神経血管内治療学会、日本臨床神経生理学会、日本神経感染症学会

専門医・認定医
日本内科学会認定医、日本神経学会専門医、日本医師会認定産業医、日本脳神経血管内治療学会専門医

脳神経外科

当院では、地域の患者さんの神経救急疾患に対応できるように、脳神経外科もしくは神経内科医師が当直し、看護師のほか、画像診断科、検査科の当直体制も整っています。
超急性期脳梗塞に対しては、血栓溶解薬投与だけでなく、脳血管内手術による血栓回収治療を行っています。開頭手術だけでなく、脳血管内手術、ガンマナイフ治療も行っていることが特徴であり、遠方の病院からの紹介患者さんも治療しています。
リハビリテーションスタッフが多く、超急性期からリハビリテーションを行い、平均在院日数の短縮に繋がっています。
また、当院は、日本脳神経外科学会の認定医研修教育機関、日本脳神経血管内治療学会研修施設、日本脳卒中学会専門医認定研修教育病院、慶應義塾大学病院初期臨床研修病院であり、学会専門医を目指す医師の教育も熱心に行っています。

・ガンマナイフについて

治療内容

(1)開頭手術

当院では、患者さんにとって最善な治療の提供をめざし、ガイドラインに沿って、開頭手術、脳血管内治療、ガンマナイフ治療、保存的治療の選択を適切に判断しています。
開頭手術を選択した患者さんに対しては、日本脳神経外科学会指導医と専門医が治療を担当します。より安全で確実な手術をするために、MRI・CT・脳血管撮影の画像をフュージョンしたカラー3次元画像を3-D workstationで作成し、術前シミュレーションを行っています。

(2)脳血管内手術

脳血管内手術は、脚の付け根などの太い血管から脳内の血管まで管を入れ、コイルをつめたり、ステントで血管を広げたりする方法です。肉体的負担の少ない治療方法で、術後の痛みも少なく、入院期間も通常1週間程度ですみます。
脳血管内手術を選択した患者さんに対しては、日本脳神経血管内治療学会指導医と専門医が治療を担当します。
脳動脈瘤の患者さんに対しては、開頭クリッピング術かコイルをつめる脳血管内手術のどちらが安全で確実なのか、部位や形状、年齢などから検討し、治療選択をしています。
頚動脈病変の患者さんに対しては、内膜剥離術かステントで血管を広げる脳血管内手術のどちらが安全で確実なのか、病変、年齢などから検討し、治療選択をしています。
超急性期脳梗塞に対しては、365日、治療医が待機し、迅速に脳血管内手術による血栓回収治療を行っています。

(3)ガンマナイフ治療

全身麻酔や開頭手術をせずにガンマ線で病変を治療します。治療可能な対象疾患(下記)の多くは8割以上で制御されます(縮小、消失、増大停止)。手術では治療困難な病変にも対応治療できます。
治療当日にフレームを装着し、頭部MRI等の検査を行って治療を行います。治療中、痛みはなく、10分から2時間ほど横になっていただいている間に終わります。
治療対象疾患
脳動静脈奇形、硬膜動静脈瘻、転移性脳腫瘍、髄膜腫、聴神経鞘腫、下垂体腺腫、神経膠腫、黒色腫、三叉神経痛、その他:近隣の総合病院や都内大学病院と相談しながら頭蓋咽頭腫、脊索腫
などの治療も行っています。

※難しい病名が出てきましたが、ご自由に質問してください。

医師紹介

副院長 谷崎 義生

副院長 救急部長 谷崎 義生(タニザキ ヨシオ)

学歴
1975年 群馬大学医学部卒業

所属学会
日本脳神経外科学会、日本救急医学会、日本神経救急学会、日本脳神経外科救急学会、日本脳神経外科コングレス、日本臨床救急医学会、日本脳卒中学会

ICLSコースディレクター、ISLSコースディレクター、JPTEC群馬 世話人

専門医・認定医
日本脳神経外科学会専門医、日本脳卒中学会専門医

副院長 脳神経外科部長

副院長 脳神経外科部長 赤路 和則(アカジ カズノリ)

学歴
1993年 慶應義塾大学医学部卒業

所属学会
日本脳神経外科学会、日本脳神経血管内治療学会、日本脳卒中の外科学会、日本脳卒中学会、日本脳低温療法学会、日本頚部脳血管治療学会、日本脳循環代謝学会、日本脳神経CI学会、日本環境感染学会、日本化学療法学会 、日本神経内視鏡学会、日本頭痛学会

専門医・認定医
日本脳神経外科学会専門医、日本脳卒中学会専門医、日本脳神経血管内治療学会指導医、認定インフェクションコントロールドクター、日本頭痛学会専門医

ガンマナイフセンター長 志藤 里香

ガンマナイフセンター長 志藤 里香(シドウ サトカ)

学歴
2004年 熊本大学医学部卒業

所属学会
日本脳神経外科学会、日本脳卒中学会、日本脳神経血管内治療学会、日本定位機能外科学会、・日本神経内視鏡学会、 日本脳神経外科コングレス

専門医・認定医
日本脳神経外科学会専門医、日本脳卒中学会認定脳卒中専門医、日本定位・機能外科学会機能的定位脳手術技術認定医、日本神経内視鏡学会技術認定医

冨尾 亮介

冨尾 亮介(トミオ リョウスケ)

学歴
2008年 慶應義塾大学医学部卒業

所属学会
日本脳神経外科学会、日本神経内視鏡学会、日本脳神経外科コングレス、日本臨床神経生理学会、日本脳卒中の外科学会、日本頭蓋底外科学会、日本脳神経血管内治療学会

専門医・認定医
日本脳神経外科学会専門医、日本定位・機能外科学会機能的定位脳手術技術認定医

脳卒中部門

  • tpa

脳卒中部門は、2008年より歩みだした新しい部門であります。当部門の使命は神経内科・脳神経外科・リハビリテーション科の3部門が診療科の壁を越え、診療を行い、そして、看護師、医療相談員、薬剤師、療法士など各職種と手を携えて連携し、チーム医療を実践していくことにあります。

急性期治療

脳卒中診療は、ここ数年でも大きく変革し、ことに虚血性脳血管障害に対するrt‐PA(アルテプラーゼ)静注療法が、Brain Attackの最前線治療となり、脳卒中医療の現場を変えました。
なぜなら、rt‐PA静注療法には、発症4.5時間以内という時間的な制限があり、有効な治療でありますが、適応を誤ったり、迅速な対応ができなければ、時として致死的な症候性出血を生じる可能性があります。
従い、本治療法を実施するためには,まず病院内で診療システムの整備(救急体制,迅速な検査体制など)、チーム医療が必須です。
具体的には、医師,看護師,薬剤師,検査技師,放射線技師との連携が重要であります。当院の救急外来には、医師から情報を得るため、あるいは、有益な情報をときに患者家族から聞き出してくれるスタッフが、自然に集まり、rt-PAシフトを形成します。
このことは、rt-PA治療のアウトカムにも反映され、院内連携がアウトカムを最も左右する因子であり、いわゆる統計解析から得られる、高血圧、年齢、発症時間など予想される予後因子とは異なるものです。脳卒中急性期において、臨床結果、結果に基づく最新・最善の医療を心がけると共に、様々な研究を通じ、先端的な医療をどうすれば患者様に提供できるかをモットーに、学術活動もおこなっております。

脳卒中2次予防

様々な新規の抗血栓薬が臨床に導入され、我々は、個人の経験にとどまらず学術的にも正しい医療を実践することをこころがけています。「もう一度なりたくない」これが患者さんの一番の思いであります。理想的な抗血栓療法とは、血栓塞栓のイベントを最大限に抑え、出血のイベントを最小限に抑えることであります。
実際に我々は何をなすべきかと常に考え、外来診療をおこなっております。年齢、体重、腎機能に配慮し、血圧管理、糖尿病の管理、薬剤容量調整を行う、そして患者さんの話を聞くをモットーに日々努力しております。
実臨床では、高齢化、認知症、癌など様々な合併症多く持つ患者さんが増え、個々の患者の特性を見極めることが難しくなっております。
また、患者のライフ・スタイル、価値観は様々であり、ことに高齢者社会においては理解を得るのが困難な場面にもすくなくありません。例えば、「血圧を下げましょう」、「アルコール控えましょう」、「たくさんのお薬はかえってよくありません」なども、なかなか伝わりにくいものです。
従い、医師のみのならず、薬剤師、看護師など医療者は、患者と対話し、他の医療者に伝える能力を養うことが重要と考えております。他職種との連携を円滑にすすめる工夫、手法を考え診療を行っております。

脳卒中の患者さんの予防すること

脳卒中患者の予後を見ていると、脳卒中の再発や心血管イベントを生じる事に目が向きがちです。
実は、脳卒中患者は、肺炎、転倒、癌、てんかん、低血糖などで亡くなっていることが多く、後遺症のある患者さまは、誰かしらの支援なしには防げないものです。
脳卒中部門のは認知症医療センターと兼任し、患者さんとその家族のサポートも行っております。

医師紹介

脳卒中部門長 認知症疾患医療センター長

脳卒中部門長 認知症疾患医療センター長 神澤 孝夫
(カンザワ タカオ)

学歴
1994年 新潟大学医学部医学科卒業

所属学会
日本脳神経外科学会、 日本脳卒中学会、日本認知症学会、日本リハビリテーション学会、
米国 American Heart association
Member of international stroke congress
欧州 European stroke association

専門医・認定医
日本脳神経外科学会専門医、日本脳卒中学会専門医

循環器科

循環器科は2011年4月に開設しました。脳神経専門病院における循環器科であり、常勤医は1名です。
脳疾患も心臓疾患も血管の障害が関与する事が多くさまざまな面で共通点をもっています。例えばある疾患にかかりやすくなる危険因子というものがあります。 高血圧、糖尿病、脂質異常症、肥満といったものが代表ですが、こうした危険因子は脳疾患、心臓疾患に共通なものであり、その管理が両疾患の予防にとても重要になってきます。
当科では各学会で定められたガイドラインに則り、その至適目標値を達成するための治療を行っています。
脳卒中や心筋梗塞を起こさないための予防医療を大切にしたいと思っています。

対象疾患、検査、治療内容

2011年に320列の多列CTを導入し、それまで平均2泊3日の入院が必要であった心臓の血管(冠動脈)の検査が、わずか30分ほどの外来検査で診断ができるようになりました。320列の多列CTでは患者さんの息止め時間も10秒程度ですみ、被爆量も少なく、画像も鮮明です。他の施設からの依頼も多く、患者さん、他施設の医師からも高い評価を得ています。
また2015年にスペクト装置が導入され心筋血流シンチ検査ができるようになりました。冠動脈CTが血管の性状を把握する目的であるのに対し、血流シンチは心臓に血液が十分行きわたっているかの評価(虚血の評価)に使われます。これも外来で1時間半ほどで終了します。
冠動脈に狭窄があっても虚血が証明されなければ基本的に内科治療が行われます。日本では不必要に血管を広げる処置が多く行われています。虚血の有無をきちんと把握することはとても重要であり、そういった意味でも心筋血流シンチは有益な検査法です。冠動脈に狭窄が見つかり中等度以上の虚血が証明された時は、血行再建術が必要になる場合がありますが、その時は循環器専門病院と連携がとれていますので、そちらの施設に紹介をさせていただいています。
ほかに循環器疾患で大切なものに不整脈と心不全があります。不整脈に関しては当院で診断、治療が可能ですが、ペースメーカーの植え込みやカテーテルアブレーションなどが必要な場合は、やはり専門病院に紹介をしています。
心不全に関しては診断だけでなく、相当な重症患者さんでも当院で治療を行っています。外来日ですが、月曜日、金曜日の午前中と木曜日の午後になっています。予約制ですが新患患者さんでも特に紹介状がなくても診察しますので、お気軽にご相談ください。

医師紹介

循環器科部長 江熊 広海

循環器科部長 江熊 広海(エグマ ヒロミ)

学歴
1983年 三重大学医学部卒業

所属学会
日本内科学会、日本循環器学会、日本心臓病学会、日本高血圧学会、 日本心血管インターベンション治療学会

専門医・認定医
認定インフェクションコントロールドクター