公益財団法人脳血管研究所は、美原記念病院の脳卒中を主とした神経疾患の専門病院を通じ、患者の皆様の診断、治療で社会貢献します。

0270-24-3355
〒372-0006 群馬県伊勢崎市太田町366
  • 外来受付時間 月~金 AM8:30~AM11:00
  • 休診日 土・日・祝日 夏季1日・年末年始

職場の紹介

3階病棟(急性期病棟)

3階病棟(急性期病棟)

3階病棟は、脳・神経疾患の急性期治療が行われている病棟です。脳卒中患者を中心に24時間体制で患者さんを受け入れ、最新の治療とケアの提供を行なっています。
脳卒中の最新の治療とケアにより、症状が改善したときには、患者さん・ご家族と共に喜び、とてもやりがいのある病棟です。 

  • 病床数45床(うち9床SCU)
  • 入院基本料7:1
  • 看護方式 チームナーシング
  • 2交代制

【働きやすい環境】

病棟には、多くの職種(リハビリスタッフ・管理栄養士・社会福祉士など)が常時病棟に勤務しており、連携もとりやすく気軽に相談できる環境です。
その為、看護師はベッドサイドケアの充実化を図ることができ、各職種専門性を発揮できる環境が整っています。

【教育体制】

脳卒中急性期看護の専門知識と看護技術を用いて水準の高い看護実践を提供するために、定期的な学習会や画像を見ながらのカンファレンスが実施されています。
看護技術に関しては、医師と先輩看護師によりシミュレーターを用いて指導が行われます。
また、新入看護師、中途採用の看護師に対しは、個々に応じた教育・指導体制をとっています。

【合併症予防】

入院後の早期診断・早期治療を開始できるように診療の介助と循環動態や神経サインなどの綿密な観察を行い、異常の早期発見に努めています。
また、口腔ケアやスキンケアをを強化し、合併症予防に努めています。
栄養状態は、NST(栄養サポートチーム)が中心となり、管理栄養士・言語聴覚士と共に食形態や食事内容を検討し、早い段階で経口摂取ができるよう努めています。

3階病棟(急性期病棟)
3階病棟(急性期病棟)

4階病棟(障害者施設等一般病棟)

4階病棟(障害者施設等一般病棟)

当病棟に入院する患者さんの多くは、レスパイトケア(介護者を休息させる)を目的として入院されています。
初めて当病棟を利用する患者さんに対しては、入院前に家庭訪問を行い、在宅での療養環境を把握するようにしています。
病院入院中もなるべく在宅の療養環境に近い環境で生活できるようご家族の協力を得ながら支援しています。
また、患者さん個々に合わせた日常生活支援方法について、リハビリスタッフや訪問看護師、ケアマネジャー等の多職種と密に連携をはかりながら、同様のケアが継続できるよう努力しています。

  • 病床数 45床
  • 入院基本料10:1
  • 看護方式 チームナーシング
  • 2交代制

【難しいけどやりがいのある難病看護】

看護の対象のほとんどが神経難病ということから、患者さんの病状の進行を目の当たりにし、辛く悲しくなるときもありますが、コミュニケーションが困難な患者さんとうまくコミュニケーションがはかれ、ニーズを満たせたときの喜びはひとしおです。
患者さんやご家族と共に命と向き合いながら、一瞬一瞬を大切にケアすることの大切さ、やりがいが感じられる病棟です。

美原記念病院 プリオン病(クロイツフェルト・ヤコブ病)患者の看護マニュアル

◆資料のダウンロードはこちら

【教育体制】

当病棟には、老人看護専門看護師(CNS)、難病看護師が所属しています。これらのリソースナースと共に患者さんの日常生活を支援をしながら、アドバイスを受けることができます。
また、患者さんの病状の進行に伴う医療の選択についても、リソースナースが中心となって、カンファレンスを実施しています。カンファレンスを通し、難病ケアならではの悩みを共有しながら、問題解決を図っています。

【楽しい職場環境】

医師、看護師、リハビリスタッフ、管理栄養士、社会福祉士がチーム一丸となり、ケアを行っています。
ハイボール好きなO看護師やバルーンアートが得意なN看護師など、多くの趣味や特技を持ったスタッフが所属しています。

4階病棟(障害者施設等一般病棟)
4階病棟(障害者施設等一般病棟)

5階病棟(回復期リハビリテーション病棟)

5階病棟(回復期リハビリテーション病棟)

脳血管疾患や骨折後日常生活に支障をきたしている患者さんが、在宅復帰を目標にリハビリテーションを行う病棟です。
安心して退院できるように看護師、リハビリスタッフ、社会福祉士がチーム一丸となり患者さん、ご家族の心に寄り添う看護を提供しています。

  • 病床数 50床
  • 入院基本料13:1
  • 看護方式 固定チーム継続受け持ち制
  • 2交代制

【ケアの充実】

回復期リハビリテーション看護において、専門的知識と看護技術を用いて質の高い看護を提供しています。
急性期病棟との連携を密に図りながら、継続したリハビリテーションを提供しています。

【働きやすい職場環境】

5階病棟は、和気あいあい笑顔あふれる病棟です。20代から50代まで様々な年代が揃い、病棟内での問題や突然の出来事にもみんなで協力して解決しています。
仕事からプライベートの話しまでできるほど関係は良好です。

【教育体制】

回復期リハビリテーション看護の専門性を追求するために定期的な学習会を行っています。
また、新入職員、中途採用者等に対しは、その人に応じた教育・指導体制をとっています。
看護から遠ざかりブランクがあっても復帰しやすい環境です。

5階病棟(回復期リハビリテーション病棟)
5階病棟(回復期リハビリテーション病棟)

6階病棟(回復期リハビリテーション病棟/地域包括ケア病棟)

6階病棟(回復期リハビリテーション病棟)

脳血管疾患や骨折の患者さんを対象に家庭復帰を目的としたリハビリテーションを行う病棟です。安心して退院できるように看護師、リハビリスタッフ、社会福祉士がチーム一丸となり患者さん、ご家族の心に寄り添う看護を提供しています。

  • 病床数 49床
  • 入院基本料13:1
  • 看護方式 固定チーム継続受け持ち制
  • 2交代制

【働きやすい環境】

中途採用の看護師が多いことを強みとして、それぞれのスキルを生かしてケアを実践しています。
病棟看護師、看護補助者のチームワークの良さで、明るく元気な笑顔あふれる病棟です。院外活動では、医師も一緒にざっくばらんに交流を図っています。

【安心して働けるサポート体制】

臨床のブランクがあっても、プリセプターが丁寧に指導しています。脳血管疾患に関わるのが初めての方も、共に学びを共有しながら成長できる病棟です。

【やりがいのあるリハナース】

看護の対象は、患者さんとご家族です。疾病の回復過程に応じた看護介入でさまざまな相談や支援を行っています。
リハビリテーションの経過と共に患者さんの笑顔が増し、退院するときには感慨深いものがあります。
この瞬間が、私たちリハナースとしてのやりがいを感じる時です。

6階病棟(回復期リハビリテーション病棟)
6階病棟(回復期リハビリテーション病棟)

外来

外来

当院は、午前は脳神経内科・脳神経外科を中心とした一般外来、午後は認知症や神経難病外来の特別外来を設けています。
また、24時間救急外来で救急患者の受け入れを行っています。

【なんでも相談できる!】

少人数の部署で、ほとんどが子育て中のママさんナースですが、仕事のこと、プライベートのこと、何でも相談できるスタッフばかりです。
お互い協力して、仕事と家庭の両立を1番に考え、勤務調整に取り組んでいます。

【専門技術の習得に尽力!】

救急対応のスキルアップにも力を入れ、BLSやISLSなどのコースにも積極的に参加しています。また、治験業務にも関わるため、CRC養成研修などにも参加し、日々の業務に活かしています。

【専門的な外来看護ケアの提供】

難病外来や認知症外来などの専門外来では、他部署との連携を図り、患者さんが安心して在宅療養を継続できるよう関わっています。
外来は「病院の顔」と言われることがあります。常に患者さんを温かく迎えられるような接遇を心掛けています。

手術室・滅菌洗浄室

手術室・滅菌洗浄室

脳神経外科手術 脳血管カテーテル手術など年間約300症例を実施しています。
脳血管撮影、ガンマナイフも担当しています。看護理念にもとづいた「心ある看護を提供」目指し日々奮闘しています。
滅菌洗浄室と連動して手術室、病棟、外来へ安全で確実な物品提供を行っています。

【抜群のチームワーク】

手術という緊迫した空間の中でも皆で声を掛け合い、チームワークを発揮し手術に対応しています。
また少数精鋭なのでどんな時も話しやすい環境が魅力です。

【教育体制】

先輩看護師とマンツーマンで行います。さらにスタッフ全員で新人教育をサポートしています。

【患者の気持ちを考えた看護】

手術を受ける患者の精神的、身体的問題に対して術前訪問を積極的に実施しています。
特に全身麻酔の患者は自ら訴えることができないので「もし自分が患者だったら?」ということを常に意識し対応するよう心がけています。

リソースナース

リソースナースには、専門看護師(CNS)や認定看護師(CN)、学会認定看護師などが所属し、看護部長直下に位置づけされ運用しています。リソースナースの役割は、患者さんやご家族を取り巻くさまざまな問題に対し、医療チームとともに解決を目指すことです。
今後医療技術は、ますます進化していきますが、より質の高い看護を提供し、患者さんや家族が満足し納得していただけるよう、現場のスタッフとともに取り組んでいきます。

河端 裕美

老人看護専門看護師

私は、老人看護専門看護師、難病看護師として、認知症や神経難病の進行により、意思疎通が困難になってしまった患者さんに対しても“意思ある人”ととらえ、安全・安楽に日常生活が送れるように支援することを心がけています。
今後、ますます医療の機能分化により、療養場所の変更を余儀なくされる患者さんが増えることが予測されます。療養場所がかわっても継続して安心したケアが受けられるよう、地域連携・多職種連携をはかりながら、支援していきたいと思います。

河端 裕美

清水みどり

認知症看護認定看護師

認知症看護認定看護師(認知症CN)は、疾病や急な環境の変化でせん妄状態になった患者さんや、認知症の患者さんを、安心安全に治療が受けられるように支援していく役割があります。せん妄や認知症の患者さんは、自分の置かれている状況がわからず、苦しみを言葉で訴えることも困難です。そこで認知症CNは、患者さんの声なき声を聞き、代弁者として言葉にしていき、患者さんを全人的にとらえケアをしていく必要があります。そこで認知症CNは、現場のスタッフと共にせん妄や認知症の患者さんに寄り添いながら活動しています。

清水 みどり

小椋静麿

認知症看護認定看護師

小椋 静麿

田中直子

認知症看護認定看護師

田中 直子

磯島 麻希

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の主な役割は、「脳卒中患者の重篤化を予防するためのモニタリングとケア」、「活動性維持・促進のための早期リハビリテーション」、「急性期・回復期・維持期における生活再構築のための機能回復支援」です。
患者さんの将来を見据え、その人がその人らしい生活を送ることができるよう、多職種と協働しながら支援していきたいと思います。

磯島 麻希

内山禄女

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師

内山 禄女

鈴木 三和

難病看護師/特定行為研修修了看護師

神経難病の患者さんは、今までの生活を維持できなくなることの恐怖や、今後への不安から精神の危機を経験します。
そんな時に難病看護師として患者さんに寄り添い、共に考えて、患者さんの意思決定を支援して行きたいと考えています。
さらに、院内問わず地域の多職種の方々と連携をはかりながら、患者さんとご家族のQOLの維持、向上を支援していきたいと思っています。

鈴木 三和

杉戸和子

難病看護師

神経難病は、原因が解明されておらず治療方法が確立されていない疾患で、患者家族の不安は大きく精神的な支援が不可欠です。
難病看護師として生命の維持から日常のきめ細かなケアまで、入院中の患者さんの生活を支えられる看護を実践していきたいと思っています。
そのためには、数多くの課題を患者家族とともに克服していく過程を実践するために必要な知識と技術を習得することが重要だと思っています。

杉戸 和子

大野 雅志

難病看護師

日々進行していく神経難病患者さんに対し、難病看護師として的確な援助ができるよう自己研鑽しています。
また、レスパイトケア目的で入院される患者さんやご家族が、「ここなら入院しても良い。」「ここなら任せられる。」と安心して入院が継続できるよう在宅に近いケアを提供していきたいと思います。

大野 雅志

菊池 美智子

皮膚・排泄ケア認定看護師

皮膚・排泄ケア認定看護師とは、創傷(Wound)、オストミー(Ostomy)、失禁(Continence)の3領域に対し専門的知識と技術を提供し、実践・指導・相談を行う役割があります。
皮膚トラブルに対し、予防的・治療的にスキンケアを行い、患者さん個々の、その方のライフスタイルに応じたケアを提供できるようエビデンスに基づき援助しています。
院内では、褥瘡(じょくそう)対策チームや褥瘡対策委員会と連携し、多職種と協働して質の高いケアを提供しています。また、院内のみならず在宅の患者さんに対しても、専門性の高い看護技術と看護実践を行うことで、安心して療養生活が送れるように支援していけたらと考えています。

菊池 美智子

大手 恵

特定行為研修修了看護師

看護師の役割には傷病者の療養上のケアと診療の補助がありますが、診療の補助として医療分野を看護師が行うには、手順書に基づいて、かつ特別な研修を受けた上で、行わなければなりません。その研修を特定行為と呼び、実践的な理解力、思考力及び判断力並びに高度かつ専門的な知識及び技能の習得が必要とされています。この分野は胃ろうカテーテルの交換や創傷管理など38行為21区分あります。
私たちは、当院の研修センターにおいて1区分の「気管カニューレの交換」の研修を終了しました。現在は、臨床の場で手順書に基づき、気管チューブの交換を実施しています。私たちが気管チューブの交換を行うことで、患者さんの満足度が向上しています。それは、日頃から信頼関係にある看護師が丁寧に行ってくれることで、技術的にも医師と変わらないと評価されているからです。今後も患者さんが安心して気管チューブの交換が受けられるよう、安全に十分考慮しながら特定行為の実践を行っていきます。

大手 恵

吉田淳子

特定行為研修修了看護師

吉田 淳子

樽見桂子

特定行為研修修了看護師

樽見 桂子

町田恵理子

特定行為研修修了看護師

町田 恵理子

医療安全管理室

齋藤喜恵子

安全な医療の提供は医療の基本であり、すべての人の望みであります。全職員は医療の安全の必要性や重要性を理解し、多職種で協力していくことが大切ですだと考えています。
また、医療安全への取り組みには、職員のみならず患者さんの協力も必要になります。検査やお薬、食事などの際には、お名前確認にご協力をお願いします。

齋藤 喜恵子

医療関連感染対策室

三ツ倉裕子

感染管理認定看護師

医療関連感染対策室は入院している患者さんを感染の脅威から守るのはもちろん、ご家族や職員を含め来院するすべての方を守るために活動をしている部署です。
安全な医療を提供するためには、病院内の感染対策は重要なポイントとなります。
当院では医療関連感染対策室に専従の看護師1人を配置しています。看護師は各部署の感染対策担当者や医療安全管理者と連携し、手の消毒や予防接種、発熱、下痢などの感染症状を呈している方がいないかのチェックなどを日々行なっています。

三ツ倉 裕子